株式会社ペリエは、いつもわくわくして未来を信じることができる「人」を育成します。

お問い合わせ窓口
電話番号
受付時間

 和田裕美のメールマガジン『 身体にしみこむ陽転思考』

和田裕美のメールマガジン『 身体にしみこむ陽転思考』


▼ ▼ ご登録 ▼ ▼
※PCアドレス向けの内容です。携帯での受信をご希望の方はこちら
お読みください
メールアドレス: (必須)
メルマガを書いて10年になりました。
世の中にたくさんあるメルマガのなかで
私のメルマガを長く購読してくださっている
希有な方々に心より感謝します。




メールマガジンのSAMPLE
こんにちは、和田裕美です。
今日は、先日出会った、すごい営業のお話。

先週、金曜日に鹿児島にお仕事で行ったとき空港からタクシーに乗ったのです。

私は、いつも時間がちょっとでもあると
日帰りの出張(たいてい翌日のスケジュールのせいで日帰りなのだ)を
いかに、楽しくするかを考えてタクシーの方に、毎回、同じ質問をするのです。

「目的地に着くまでに神社などありますか?」

もっと時間のあるときは、

「ああ、○○に来たなあと思えるものが食べたいんですが」

このように、かなり、大雑把な聞き方をするので、これ、運転手さんによって答えがまるきり違うのです。

●もったいない運転手さんの答え

「いや〜神社は知らないです」ここで、チーンと終わります。

●普通の運転手さんの答え

「え〜と、○○神社ならありますが」

「そこはどんな神社ですか?」

「まあ、有名です」

「では、そこに行くにはどれくらいかかりますか?」

と、あれこれこちらから聞いていく感じ。

●まあまあの運転手さんの答え

「お嬢さん(一応、お客なのでお嬢さんと呼ばれる、これも高得点)、
何時までに会場に着けばいいの?」とまず質問がある。

「○時です」

「じゃ、地元の人が行く、とても大きなあの○○神社に行けますよ。
 ちょっと遠回りだけど、そこがいいと思います」

と、いい神社を勧めると同時に、メーターも増える。素晴らしい。
こういう運転手さん、たいていおいしいラーメン屋とか知っていて連れてってくれる。

けれど、神社にお参りするときに「あの、お参り中ってメーター止めていただけますか?」 と、一応交渉しないといけない。
お金を払うのは当たり前だけど経費削減のためには、どんなところでも交渉は必要です。
●すごい営業の運転手さんの答え

この前の鹿児島の運転手さんは素晴らしかった。

まずは上記の質問、そして、「鹿児島神宮なら途中にあるからそう遠回りでないし、そうしますか?そうですね、神社の近くになかなかおいしい黒豚しゃぶしゃぶ、あとトンカツ、あと○○ラーメンがありますよ」

「じゃ、トンカツがいいです!」

「ロースですか?ヒレですか?」

と意外な質問。

「ヒレです!」

「では、お参りされている間に、お店に電話しておきます。
お店は入ったらすぐに揚げたてが食べられるように。そうしたら待ち時間短縮できます。ええと、お参りは10分くらい?」

「15分くらいかな」

参拝終わって、神社を出たら、すぐ近くにトンカツ屋さん。
あとで聞くと地元でも有名なお店(竹亭)。
ヒレ、でっかい、キャベツやまもり、もちろんおかわり!

で、満足してとうとう、仕事時間に。

ここまでもなかなか素晴らしいサービスに感動したのですがさらに、まだあったのです。

私がふと手元にあった、レストランガイドを車中でぱらぱら見ていると、おいしそうな「黒豚カレーパン」を発見!

「うわ〜。このカレーパン買って帰りたい!運転手さん、このカレーパン屋さん、遠いですか?」

「ああ、ここ、娘がよく買いに行っています。おいしいですよ、だいじょうぶ。会場の近くです」

「じゃ、帰りに寄ろうかな」

「私、買っておきましょうか?」

「へっ?」

「帰りも空港でしょう?私送ります」

「あ、そうです、ありがとうございます」

「いくつですか?」

「へっ?」

「カレーパンです、いくつ買っておきますか?」

「はい(スタッフと相談)。私は5つ、こっちは6つ」

と答え、講演して、帰りは会場を出たら
目の前でぴたり待っていてくださいました。
で、帰りの空港までは書いていなかったメルマガをガラケーで急いで書いていたので無言だった私。

無事、到着して降りるときに、カレーパンを渡されました。

「おいくらでしたか?」

「あ、これプレゼントします」

「え〜〜〜いいんですか?」

「はい、もちろんです。また来たときにご利用ください」といって名刺。

ああ、できてる。カレーパン付き。
この運転手さんすばらしい!
私、来月も鹿児島に来るんです。もちろん指名させていただきます!!!

同行スタッフは新人のクロちゃん。「和田さん、今日はいいことだらけでしたね!」と笑顔いっぱい。

正直、毎日講演、移動、会食とかなり体力消耗してて、メルマガを書く気力がなく、神社に行こうと思ったくらいで。
メルマガ原稿を待っている大内さんには申し訳なかったけれど、よいおじさんに会えて 私は幸せものでした。
サービスですっきりと疲れがふっとんだのですから。

それにしてもそんないいサービスを受けておいて

「わたし、カレーパン10個くらい頼めばよかった」

と、思った私はかなりセコいですよね。ああ。いつまでたっても人間だわ。

ではね〜。
(2013年6月18日カレーパン11個で落ちた!鹿児島のすごい営業)

こんにちは、和田です。
毎年恒例の「売れる営業に変わるセミナー」を毎年恒例の時期に開催します。

■私、今年で、私の人生を変えた本、
『世界NO.2セールスウーマンの「売れる営業」に変わる本』を出版してから 10周年になるんです。

その後、『人に好かれる話し方』を書いてから人づきあいや、陽転思考の本など自己啓発やコミュニケーション系の本ばかりを書いてきて、実は、営業の本をあまり書いてこなかったんです。実際、書き尽くしたような気がして。

でも、あのどんどん人が辞めていく厳しい現場、とことん人と対面して契約を取ってきた日々で学んだことなど、書き尽くせるはずもなく、今年は自分でも原点に戻って「営業」について本気で向き合って、本気で新しい本も書く予定です。

■デフレで閉塞感があって、なんとなく遠慮して「お金をちゃんと稼ぐ」っていう意識が 少し薄れていた今までだけど、政権が変わって、経済復興が政治の力でどの程度変化するのかは未知数だけれど、どうしたってみんなお金も稼ぎたいし、豊かになりたいのは当たり前で、それも「楽しく」仕事して「楽しく」稼ぎたいのは当然のことだと思うんです。 それって、ホンネですよね?

そしてその豊かさは、「営業力」あってこそ手に入るものです。
もちろん、対面でも、ネットでも「営業センス」がすべての「豊かさ」を生み出すんです。 私、それ、今でも事実として受け取っています。

■でも、私はあまり強引な営業をしたくないしそれをおすすめはしません。

営業はファン創りであってわくわくの連鎖なのです。

苦しんで、ど根性で数字を追うよりも楽しんで、熱中して数字を出す営業がこれからの時代は、もっともっと必要になると肌感覚でというか、本能で感じています。

だから今年は、いつも以上に気合いの入り方が違います。

「今やらないでいつやるの?」って感じです。

■営業セミナーは投資金額が私のやっているセミナーで一番高いのでときどき「高い」って言う人もいるんだけど、私、自分が、ほんとうに、一から、世界NO.2になるまで、そして、何人もの営業マンを育てて、全国トップ3の組織にするまで、それはもう必至で、休みもなく、人生の時間すべてかけてやってきた自分だけのノウハウをいろんな人に応用できるように体系化して伝えているんです。
いらない人には、どうってことないものだけれど私にとっては、もうこれは「宝物」を伝授するようなものなんです。
だから、厚かましいけれど私は、まったく高いとは思っていないんです。

■そして、社長賞で表彰されたり、売り上げが300%アップした人などから喜びの報告を受けるたびに投資したお金は、何倍にもなって返ってくるのだなと思うから、自信をもってやっています。

そして、学んだことは、身に付けば一生ものだからずっとずっと、自分のものになって自分の中で成熟して、オリジナルになっていくのです。

■買う人がいて、売る人がいて、経済は回る。
営業って経済という身体を流れる「血液」。
営業が活躍すると、本気で経済復興できるのです。

もっともっと営業マンが活躍しないといけない時代になります。
そして、「お客様から好かれてファンができる楽しい営業」が何より成功する時代なんです。

だから私は皆さんに素直に豊かになることを求めて欲しいなと思っています。

■今まで迷っていた方も
 今年こそはと思っている人も
 これから営業する人も
 これから起業する人も
 とにかく数字をあげたい人も
 楽しく稼げる未来を創ってください。

なんだか、久々に(いつも真剣だけど)強く本気で書いた気がします。

いや、本当に、営業力がないとこれからいろいろと困るので本気で、学んで欲しいなって心から思っているのです。
(2013年1月19日和田裕美です。営業セミナーやります。)



日常の話
仕事での話
人間関係におけるお話
その他、ときにびっくりするようなネタが
送られてきます。
行間に隠れた、生きるヒントと陽転思考
ざくざくと染み込ませてください。

和田裕美の最新セミナー・講演情報、
無料プレゼント情報もあります。
週1回火曜配信。



<ご登録について>

毎回確実にお読みいただくために、まず、
できるだけフリーメール以外のアドレスでご登録いただくこと、
そして、可能でしたら複数のアドレスでご登録いただくことを
おすすめいたします。
(→詳しく読む)

今すぐご登録ください!
▼ ▼ ご登録 ▼ ▼
※PCアドレス向けの内容です。携帯での受信をご希望の方はこちら
お読みください
メールアドレス: (必須)
▼ ▼ 解除 ▼ ▼
メールアドレス:
◆携帯メールで受信ご希望の方へ◆

こちらからご登録いただけますが、PC向けのメルマガですので、文章量が多く、また、URLはパソコンのWEBへのリンクとなっておりますこと、ご了承くださいますようあらかじめお願いいたします。
※ドメイン指定受信(迷惑メール対策)をしている方は、必ず
「perie-net.co.jp」からのメールを受信できるように設定して下さい。

※携帯向けの、新着情報メインのシンプルなメルマガはこちら↓をご購読ください。毎週1回配信です。

◆携帯専用の無料メルマガもあります◆

携帯サイトへのアクセスは、携帯から
perie@jm.mdへ空メールを送信して下さい。
magazine@perie-net.co.jp、mobile@perie-net.co.jpから
メールが届きます。